口内炎の治し方

口内炎とは

口の中や舌に起こる炎症のことを口内炎といいます。口内炎が起きると食事をすると痛いし喋るのもつらいですよね。口内炎になってしまったら お薬を飲んだり塗ったりすることが必要になりますが、 ならないように健康でいることが必要です。

口内炎は口の中の粘膜が炎症を起こします。どんな時に炎症を起こしてしまうのでしょうか。

食事のバランスが崩れている

体の粘膜はビタミンが不足すると炎症を起こしやすくなります特にビタミン A・B・C ・亜鉛が不足すると口内炎が起きやすくなります。ビタミン A ・B ・C・ 亜鉛が多く含まれている緑黄色野菜をたくさん食べると良いでしょう。

口の中をキレイにしょう

口の中が汚れていて、口の中を噛んでしまって傷があったりすると、そこから菌が繁殖して口内炎ができやすくなります。歯を磨いて常に口の中をきれいにしておきましょう。

水分をこまめに取りましょう

口の中が乾燥してしまうと、菌が繁殖してしまいます。菌が繁殖すると口内炎になりやすくなってしまいます。こまめに水を取り口の中を乾燥させないようにしましょう。

 

ビタミンの摂取が必要

現代の野菜は、品種改良・土壌改良により野菜自体の栄養が少なくなっています。食事で栄養がたくさん摂取できない時は、サプリメントで摂取しましょう。一つのビタミンを大量に摂るのでは無くて、サプリメントはバランスよく摂取する事が必要です。

当院について

診療時間について

診療時間
10:00〜20:00

※休診日は「日・祝」となります。
※土曜日は9:00-19:00となります。

お電話でのお問い合わせ

  • わかば整骨院
  • 西新井の「あおば整骨院」
  • 西新井の「あおば整骨院」
TOPへ