腰痛と寒さ冷えの関係

2017年1月25日 腰痛

1月に入り寒さが一段と厳しくなってきましたね。

あおば整骨院には、寒くなってくると腰痛に患者様が増えてきます。

このブログを読んでいる方も、寒くなると腰痛に悩まされる方が多いのではないのでしょうか。私の友人の整形外科医の先生も、冬になると毎年のように腰痛で動けなくなります。

 

腰痛と寒さにはどんな関係があるのでしょうか。

 

筋肉と神経が原因

神経は脳から体の末端の隅々までつながっています。

末端にある神経は筋肉のあいだにあります。

寒くなると、人の体は体温を逃がさないように筋肉が縮むんです。寒くて震えるのもこの現象の一つです。

筋肉が縮むと末端の神経が圧迫されて痛みを出します。

これが腰痛の原因の一つです。

 

血行不良が原因                                             

寒くなると体が冷えて血行不良になってしまいますよね。

冷え性の方ならなお更です。

血行不良になってしまうと、筋肉の中に溜まった痛みを出す物質「乳酸」を血液が筋肉から洗い流す事が出来ず、乳酸が筋肉に溜まってしまいます。

これが原因で痛みを出してしまいます。

 

運動不足

みなさん寒くても外でウォーキングやランニングなどしていますか?

私は寒くてとても出来ません、無理です(笑)

でも運動不足になると筋力低下になってしまい、腰が悲鳴を上げたり血行不良になって腰痛になってしまいます。

体を冷えから守るには

寒いときは、体を温める、体を保温することが必要です。

そして寒くても適度な運動が必要ですね。

みなさんも健康のために、少し外に出て運動をしてみませんか。