四十肩・五十肩

2016年3月10日 新着情報

あおばホリスティックの下川です。

いつも読んで頂き
有り難うございます。

四十肩、五十肩という言葉は、
皆さん一度は聞いたことが
あると思います。

正式には肩関節周囲炎といい
肩関節の周りに起こる
炎症の事をいいます。

肩関節はとても
広い範囲を動かせる事が出来ますが、
とても複雑な構造をしています。

肩関節周囲炎は肩にある
筋肉
靭帯
関節包(関節を包み込む袋)
軟骨
などが老化(変性)し、
肩が上がらなくなったり、
夜に痛で寝れないなどの
症状が出てしまいます。

よく『冷やしたらいいの?
温めた方がいいの?』
『痛くても肩を動かして
運動した方がいいの?』
という質問を受けます。

炎症が起きている時などは
安静が重要ですがなかなか
自分での判断は難しいと思います。
また肩にある筋肉が
断裂している場合もありますので、
痛みを感じたり
肩が動かしづらくなったら
すぐに病院や整骨院で診てもらい
的確な処置をしてあげることで
早期回復につながります。